あなたの理想のウェディングドレス

あなたのこだわりポイント

求めるウェディングドレスは何が譲れないポイントであるか。
憧れのブランド製のウェディングドレスか、自分が一番好きなデザインか、もしくは予算を最小限に抑えることだろうか。
レンタルショップがたくさんある中で大手のレンタルショップは驚くほどのドレス数があるだろう。
ブランドに特化したショップもあるので優先順位を決めてまずはショップを決めていく。
その中で自分が求めるドレスを見つけ出し、フィッティングをして合わせて決められている予算に合わせていかなければならない。
理想のイメージを決めてからどこまでその理想を妥協できるのも事前に決めてからいくのがいいだろう。
100%のドレスをレンタル出来なかった時に自分の許せる範囲で納得のいく選択をして将来に後悔を残さないようにしよう。

妥協点は境界線を決めておく

ドレスを選ぶ方法がオーダーメイドではなくレンタルドレスである以上、100%自分の理想を満たすドレスを見つけだして選ぶことはなかなか難しい。
レンタルドレスの費用相場は20万円から25万円未満、30万円以上のものは全体の1割に満たない。
限られた予算の中で自分の希望だけでなく、自分の妥協点も決定することでレンタルドレスを有効活用することにつながっていく。
その妥協点が憧れのブランドを諦めて予算内の他社ブランド、もしくは無名のものにするのか、希望通りのデザインを諦めて自分のサイズに合う別のデザインに変えることなのか、もしくは予算をオーバーしてしまうことに妥協するのか。
一番の優先順位を決めてある程度の覚悟をもってドレス選びに臨むことでよりスムーズな決定をすることが出来て、式の準備に集中できるだろう。


この記事をシェアする